> 複数申し込みはカードローンの審査に落ちる原因

複数申し込みはカードローンの審査に落ちる原因

カードローンの申し込みで絶対にやってはいけないのは短期間で一気に複数申し込みをすることです。
普通に考えれば当然ですが、1社だけだと不安ということで審査で保険をかける為に
複数申込をしてしまい、結果的に全部だめで保険のつもりが真逆の結果に…。とならない
為に1社だけが健全でしょう。

同時期に別々のカードローンに申し込むと、
一言でいえばカードローン会社が審査をするときに筒抜けになります。
複数申し込みの情報を得たカードローン会社は、
申込者がよほどお金に困っていると思い、
印象が悪くなってしまうのです。
なぜわかってしまうかは信用情報機関で申込者の情報を調べる権利が
カードローン会社側にあるからです。

数ヶ月の間隔を空けて申し込むか乗り換えなどであれば大丈夫?

そもそも、1社だけで十分なのに、期間を開ければ平気とか
そういう発想をすること自体、お客さんとしては良い顧客ではないと言えるでしょう。
先ほども言った通り保険と考えていてもカードローン会社からすれば白か黒かわからない
行動に取られても文句は言えません。
また、なんらかな形でお金に困っている方で、初回申込時バレないだろうと思っていても
絶対にバレてしまうので、複数申し込みはやめましょう。

既に借入があるという方は申込先を少し考えたほうが良いかもしれません。
実際にカードローンの商品でおまとめや借り換えというサービスはあるので
現状把握と借入先が重要です。
知っている人は既に検討をしているかもしれませんが状況把握後のカードローン借り換え
利息が今よりも減る可能性はかなり高いです。

借入をしていて、何か遊ぶ為のお金とか私利私欲のためにさらに借りるというのは
駄目ですが、こういった形で完済人を目指す為に1つにまとめるというのは正しい行動の中の
一つだと思います。

申込書に嘘の情報を書く

申し込みのときには、もう一つ絶対にやってはいけないことがあります。
それは、申込書に嘘の情報を書くことです。
これもバレないだろうと思い、やってしまうことの一つです。

年収や他社借入金額などに嘘が書かれていると、審査のときに絶対にバレます。
申込書の内容は、正直に包み隠さず書きましょう。
嘘をつくつもりではなく、間違えた情報を記入しても
審査に影響を残しますから、書き終えたら見直さなければいけません。

カードローンに申し込むときにこれら二つをしてしまうのは、
審査に不安があるからです。審査に不安があるときは、
申し込みをする前に仮審査をして、審査に受かるか確認しましょう。

審査に問題がないのにこうしたことをしてしまっては、
借りられるのに借りられなくなるので、絶対にやってはいけません。